Top Image

 

奏でる喜びに包まれて、人は自らを癒し、さらに輝く。

violin
イソップ寓話「北風と太陽」を教訓に、小さな教室だからこそできるお一人お一人の年齢・個性・ペースに寄り添ったきめ細やかな個人指導が自慢のお教室です。
三歳ぐらいからシニアまでの老若男女の方がレッスンに通って下さっています。
レッスンの後は、より笑顔になって家路についてもらえる様に、心を込めてお稽古しています。
一歩一歩上達されてゆく生徒さんのオーラは光輝いていることから、イタリア語で「光」という意味の「ラ・ルーチェ」を教室名にしました。

あなたは、どんな夢をお持ちですか?

  • 何か楽器を弾けるようになりたい。
  • あの曲を弾きたい。弾いて欲しい。
  • 音楽の好きな子供に育って欲しい。
  • 家族で合奏したい。(ママはピアノ、パパはビオラ、私はバイオリン…等)
  • 今までは精一杯仕事に頑張ってきたけど、これからは趣味も楽しみたい。
  • 宴会・結婚式でのスピーチや余興に活かしたい。
  • バイオリニストになりたい。
  • ピアニストになりたい。
  • 幼稚園や学校の先生になりたい。

夢は生きる力となります。

楽器を弾く効果効能

  • 楽器で正しくメロディーを演奏しようとすると聴覚の神経系が微調整され、その結果聴力・集中力・認知力・記憶力がアップし学習の効果を高める
    幼児期に始め10年以上続けると特に顕著である。
  • 脳内にエンドルフィン等の快感ホルモンが分泌され免疫細胞を活性化し病気にかかり難くなる
  • 自閉症・ADHDやパーキンソン病等の神経系障害治療法の一つとしても、 注目されている。
  • バランス感覚とリラックス効果で、働き盛りの大人の鬱病防止効果も高いと言われている。
  • 老化を食い止めボケ防止効果もある。
  • 聴覚セラピーには、高音域のバイオリンの音が最も適している。

最新情報&山本昌子のブログ

左手首

左の手首は曲げません。腕から手の甲まではまっすぐです。手首で反って手の平が上を向いていると、指先では押さえられません。とりあえず音は出ますが押さえがあまいので発音が悪いです。指が開きませんので音程も悪... 続きを読む

矯正具

バイオリンのきれいな音は、右手(弓)で作ると言われます。まずは「持ち方」です。正しくきちんと持てている方は、案外少ないです。教本にはそれ程詳しくは書いてありませんし、文章が主なのでわかり難いです。 バ... 続きを読む

ガラス飛散防止シート

教室に姿勢の確認をして頂く鏡があります。鏡は姿勢の矯正にとても役立ちます。しかし、レッスン中に地震が起きたら…と思うと割れない鏡が欲しいですが、なかなか高価で買えません。そこでガラス飛散防止シートを貼... 続きを読む

Canon Creativ Park

コロナ禍の今ステイホームで気分転換をと思い、Canon-Creativ-Parkの「バイオリン」に挑戦してみました。プリントする時に、「こんなに枚数が必要なのかぁ、失敗するかもしれないのに紙が勿体ない... 続きを読む

折り紙でバイオリンとピアノ

アップライトタイプのピアノは、幼き頃折った覚えがあります。折り紙にバイオリンもあると知り、折ってみました。 折り紙を覚えても、月日が経つと必ず忘れてしまいます。鶴は忘れませんが。折り紙の折り図がとても... 続きを読む

このページのトップへ