Top Image

こちらは、小さな音楽教室です。

violinイソップ寓話「北風と太陽」を教訓に、穏やかで温かい陽光の様な指導を心がけています。

小さな教室だからこそできる
一対一のきめ細やかな個人指導が自慢です。
三歳ぐらいからシニアの方まで対象です。
一曲をじっくり時間をかけて自分のものにしていく子、
どんどん新しい曲を弾きたい子、
練習時間が多くとれない大人や受験生、
指の体操・脳トレ中心のシニアの方、
など人の環境は様々です。
おひとりおひとりの年齢・適性・性格・個性・ペースに応じ
個々のカリキュラムで指導していきます。

あなたは、どんな夢をお持ちですか?

  • 何か楽器を弾けるようになりたい。
  • あの曲を弾きたい。弾いて欲しい。
  • 音楽の好きな子供に育って欲しい。
  • 家族で合奏したい。(ママはピアノ、パパはビオラ、私はバイオリン…等)
  • 今までは精一杯仕事に頑張ってきたけど、これからは趣味も楽しみたい。
  • 宴会・結婚式でのスピーチや余興に活かしたい。
  • バイオリニストになりたい。
  • ピアニストになりたい。
  • 幼稚園や学校の先生になりたい。

夢は生きる力となります。あなたの夢の実現をお手伝い致します。

楽器を弾く効果効能

  • 楽器で正しくメロディーを演奏しようとすると聴覚の神経系が微調整され、その結果聴力・集中力・認知力・記憶力がアップし学習の効果を高める
    幼児期に始め10年以上続けると特に顕著である。
  • 脳内にエンドルフィン等の快感ホルモンが分泌され免疫細胞を活性化し病気にかかり難くなる
  • 自閉症・ADHDやパーキンソン病等の神経系障害治療法の一つとしても、 注目されている。
  • バランス感覚とリラックス効果で、働き盛りの大人の鬱病防止効果も高いと言われている。
  • 老化を食い止めボケ防止効果もある。
  • 聴覚セラピーには、高音域のバイオリンの音が最も適している。

最新情報&山本昌子のブログ

クリスマス会

今日は、弦楽トリオ(バイオリン・ヴィオラ・チェロ)の仲間と共に、 児童館のクリスマス会へお邪魔してきました。 […]... 続きを読む

世界共通語

「ハッピー・バースデー」を弾きたいとS君。 「これ、黒鍵が出てくるけど、頑張り屋のS君だから、きっとできるょ。 […]... 続きを読む

敬老祝賀会で演奏

秋晴れの爽やかな9月20日(日曜日)、 小坂井にあるグループホームれんげそうにお邪魔して演奏してきました。 ト […]... 続きを読む

発表会 ドレス選びのコツ

ステージで輝く自分像をイメージできると、練習意欲が増します。 女の子は特に、眼をキラキラ輝かせてドレスの話をし […]... 続きを読む

楽器演奏と爪

バイオリンやピアノを正統的に習得し上達するには、“爪を短く”は基本でしょう。 ピアノは、両手合わせて計10本の […]... 続きを読む

このページのトップへ