Top Image

 

奏でる喜びに包まれて、人は自らを癒し、さらに輝く。

violin
イソップ寓話「北風と太陽」を教訓に、小さな教室だからこそできるお一人お一人の年齢・個性・ペースに寄り添ったきめ細やかな個人指導が自慢のお教室です。
三歳ぐらいからシニアまでの老若男女の方がレッスンに通って下さっています。
レッスンの後は、より笑顔になって家路についてもらえる様に、心を込めてお稽古しています。
一歩一歩上達されてゆく生徒さんのオーラは光輝いていることから、イタリア語で「光」という意味の「ラ・ルーチェ」を教室名にしました。

あなたは、どんな夢をお持ちですか?

  • 何か楽器を弾けるようになりたい。
  • あの曲を弾きたい。弾いて欲しい。
  • 音楽の好きな子供に育って欲しい。
  • 家族で合奏したい。(ママはピアノ、パパはビオラ、私はバイオリン…等)
  • 今までは精一杯仕事に頑張ってきたけど、これからは趣味も楽しみたい。
  • 宴会・結婚式でのスピーチや余興に活かしたい。
  • バイオリニストになりたい。
  • ピアニストになりたい。
  • 幼稚園や学校の先生になりたい。

夢は生きる力となります。

楽器を弾く効果効能

  • 楽器で正しくメロディーを演奏しようとすると聴覚の神経系が微調整され、その結果聴力・集中力・認知力・記憶力がアップし学習の効果を高める
    幼児期に始め10年以上続けると特に顕著である。
  • 脳内にエンドルフィン等の快感ホルモンが分泌され免疫細胞を活性化し病気にかかり難くなる
  • 自閉症・ADHDやパーキンソン病等の神経系障害治療法の一つとしても、 注目されている。
  • バランス感覚とリラックス効果で、働き盛りの大人の鬱病防止効果も高いと言われている。
  • 老化を食い止めボケ防止効果もある。
  • 聴覚セラピーには、高音域のバイオリンの音が最も適している。

最新情報&山本昌子のブログ

試奏会

急に秋らしくなってきました。今年もあと二ヶ月とちょっとになりました。はやいですね。今年は、コロナ禍で色んな事が大きく変化しました。 先日平日の夕方、フルサイズの「手工芸バイオリン」試奏会を行いました。... 続きを読む

楽器の数え方

ウサギは1羽2羽、イカは1杯2杯、お箸は1膳2膳、うどんは1玉2玉、 靴は1足2足、世の中にはいろいろな数え方がありますね。 ここで問題:バイオリンは、どう数えるのでしょう? 1個?  1本?  正解... 続きを読む

弾きがえる

作:久留島武彦 絵:市居みか 子どもの未来社 バイオリンを弾く三人兄弟が出てきます。物語には、三という数字や三人兄弟がよく出てきますね。イギリスの昔話「三匹の子豚」などは、皆さんよくご存知と思います。... 続きを読む

心に残ったアリとキリギリス

童心社「アリとキリギリス」(紙芝居)脚本: 鎌田 實(かまた みのる)絵:スズキ コージ 子どもの頃、イソップ物語のアリとキリギリスを聞いて、キリギリスが冬に餓死してしまう事に、とてもショッキングを受... 続きを読む

このページのトップへ