ピアノ調律師

2014年5月22日

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

五月晴れの爽やかな日に、ピアノの調律をして頂きました。
調律師のIさんに、今回はインタビューもさせて頂きました。

★調律師になろうと思ったきっかけは?
  ーーーーー手に職をつける為に、知り合いの楽器工場へ行ったのが始まりだね。
       昔は、浜松に楽器工場が30社ぐらいあったんだよ。
       三河だけじゃなく東京やらいろんな所へ行ったよ。
★調律師歴は何年になりますか?
  ーーーーー50年やってるよ。昔の仕事仲間に会うと、
       「えっ、まだ仕事やってるの!」と言われる。
       お客さんに「死ぬまで来て欲しい。」って言われちゃうとね、
       頑張らないといかんと思って。
★調律師に必要なものは何ですか?
  ーーーーー『体力』体の重心が安定していないとダメだからね。
       僕は、毎日4㎞歩くんだ。雨の日は、室内の器具使ってるよ。
★若さの秘訣は?
  ーーーーーいろんな趣味を持ち、気持ちを明るく楽しく保つことだね。

調律の話に始まって、趣味のバードウォッチングや釣りの話、
自然環境についてまでいろんなお話をしてくださいました。
とても丁寧な調律をしてくださる飯田さんのおかげで、
みんなが気持ちよくお稽古できます。
ありがとうございました。
うちも、死ぬまで来てください。

     

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

*

このページのトップへ